わきがの治療はしたいけど手術や注射はしたくないという人もいらっしゃいます。注射などをしないわきが治療ってどんな方法なのでしょうか。

わきがの塗り薬や飲み薬

わきがの方が病院に行った場合、症状によっては塗り薬や飲み薬だけで治療することもあります。これは、わきがでも症状が軽い場合で、多汗症と同じような薬を処方し、汗が出にくくするようなものもあります。

塗り薬の場合、わきの下など臭いが気になるところに直接塗ります。汗が出にくくなり、発汗が治まるのでわきがの臭いもしにくくなります。内服薬は1日に2回から3回飲むものが主流です、ストレス性の発汗を抑えるための自律神経に働くタイプのお薬もあります。

手術や注射はできればしたくないという人は、このようなお薬を希望されてもいいです。しかし、わきがの症状が強い場合、塗り薬や飲み薬だけでは症状が改善しないことも多いです。

医師が手術や注射などの治療を勧める事もありますのできちんと検討して下さい。

最新のわきが治療「ミラドライ」

最新のわきが治療法の中には、手術をしたり注射を打たなくてもできるものもあります。電気を利用した電気凝固法という方法で、わきがの原因であるアポクリン腺を破壊します。
ミラドライという方法で、多くの美容皮膚科などで行われているわきが治療法です。

電磁波でアポクリン腺を破壊しますので手術の時のようなリスクも回避できます。効果も非常に高いですが、費用がかなり高いです。このような治療法だと保険が適用されないことも多いので、どれ位の費用がかかるのか確認してから検討されて下さい。

手術などでも最新式のものは患者さんに負担がかからないようなものも増えています。最新のわきが治療法をチェックしてどれが一番いいのか探してみるのもおすすめです。

わきがの治療法や改善法

わきがの治療で病院を訪れるのは男性よりも女性の方が多いようです。なぜなら、男性より女性の方が臭いに敏感だからです。わきがの治療に行くのはもちろん女性の方が恥ずかしいのですが、それよりもわきがを速く何とかしたいという気持ちが強いからです。

どうしても病院に行きたくないという人は、ドラックストアや通信販売で様々なわきがグッズがありますのでそちらを試してください。一番手軽に利用できるのが消臭効果が高いクリームなどです。
発汗を抑えてわきがの臭いを抑えるタイプと臭い自体を無臭に近い状態にするものがあります。

数時間しか持たないものもありますし、汗をかいてからだと効果が薄いようなものもあります。わきがなどの臭いを抑制する石鹸もおすすめです。わきがの治療も改善法もやってみて合えばかなり効果が期待できます。