わきがなどの治療は保険が適用されるかどうか心配という人もいます。治療法などによっては、保険が適用されることもあるのでどんな内容なのかご紹介します。

保険が適用されるわきが治療

わきが治療は、腋臭症という病気なので皮膚科などで決まった治療をすると保険が適用されます。しかし、同じ手術でもメスで切開して行う剪除法という手術だと保険適用になりますが、他の手術法では保険が適用されないこともあります。

保険で認められている手術法の場合OKで認められていない場合ダメという事なんです。どうしてかというと保険で認められている手術は病気を治すために医師が認めている手術ですが、その他は美容目的と取られてしまうのです。

例えば美容整形外科の場合、最初から全てが保険適用で無い場合もあります。同じわきがの治療でも全く保険が効きません。保険適用になれば10万円の手術代が3万円位になりますので保険が効く方が患者さんは良いです。

病院によって保険が効かない所もありますので注意してください。

保険が難しいわきが治療

近年、わきがの治療法も様々なものが取り入れたれ、患者さんに負担の少ない方法も考えられています。しかし、そういう話題のわきが治療法はほとんどが保険が適用されないのです。

保険が適用されなければ20万円から30万円の手術代がかかるというのも保険適用なら3分の1になります。ただし、保険適用がされないわきがの治療法では入院の日数がかからない日帰りがあります。

縫合も抜糸もしなくて良いので体への負担も少ないです。時間も短時間だし、傷跡もほとんど残らないのです。しかし、このようなことから美容目的でのわきがということで保険が適用となりません。

同じわきが治療なんですから保険を適用してくれてもよさそうですがダメなようです。

保険が適用されるか確認しておく

わきがの治療で病院に行く時は、できれば前もって保険が効くかどうか確認しておいた方が良いです。わきがは、皮膚科や美容皮膚科、美容クリニックなどで診療してくれます。しかし、病院によっては最初から最後まで保険診療を行わない所があるので注意しなければならないのです。

保険が効くと思っていたら支払の時になって数万円必要ということがあるのです。具体的なわきがの症状を前もってメールや電話で伝えておき保険が適用されるのかどうかも聞いてください。

特に手術が必要といわれた時は必ず保険が効くのかどうか、総額でいくら位かかるかも確認しておくことが大切です。支払の時になってもめることになりますので注意してください。