わきがの臭いは、エクリン腺とアポクリン腺が深く関係しています。エクリン腺とアポクリン腺はニオイとどのように直結しているのでしょうか。

体温調節をするエクリン腺

夏、暑い時期になるとじっとしていても汗が流れることがあります。これは、体が気温の上昇により体温が上がる事を防ぐため、体内の熱を出すために汗をかかせているからです。
この時の汗は、エクリン腺という所から出ます。

エクリン腺は、体中にあり、出てくる汗はほとんどが水分で残りが塩分や尿素、アンモニアだと言われています。このエクリン腺から汗が出てもせいぜい汗臭い位で悪臭とまではいきませんが、大量に汗をかき放置しておくと臭いがします。

特に、汗びっしょりになって脱いだ服などは、放置しておくことで雑菌がわき臭いが凄くなることがありますので気をつけて下さい。できれば汗をかいてもすぐにふいたり、シャワーや水道の水で洗ったりすると臭いもそんなに気になりません。

しかし、わきがの原因には汗をかくというのも含まれるので気をつけるに越したことはありません。

アポクリン腺の特徴

わきがの原因は、アポクリン腺だという人もいます。アポクリン腺は、わきの下や陰部、乳輪などに汗腺があってそこから分泌される汗はネバネバしているのが特徴です。わきがの人は、アポクリン腺からの汗が普通の人よりかきやすく多汗症のことが多いです。

アポクリン腺自体エクリン腺と比べると汗腺自体が大きくそこからの汗は大量です。この汗は時間が経つと雑菌の影響で臭いが強くなります。それによりわきがの独特の臭いとなります。

わきの下だけではなく、女性の陰部から臭いがする場合もあり、こちらはすそわきがと言います。わきがの確認では、耳の中が湿っていて臭いというのも一つのポイントになります。これは耳の中にもアポクリン腺の汗腺があるからです。

わきがの原因はアポクリン腺

わきがの臭いはアポクリン腺の汗腺から出る白っぽい汗が原因になっています。この汗は、脂肪や鉄分、アンモニアなどの成分が含まれていて元々臭いがあります。

しかし、わきがの人は一般の人よりこの汗腺自体が多かったり、多汗症だったりするので臭いが強くなるのです。わきがの治療では、このアポクリン腺を手術で除去したり、レーザーで焼いたり、凍らせて破壊するようなことも行います。

金額は高いですが、強力にアポクリン腺を除去するので効果は高いです。でも、除去したからと言って再発しないとは言い切れません。人によっては数年後にアポクリン腺が復活してまた臭う事もあるので注意が必要です。