わきがだと足も臭くなると言う人がいますが本当でしょうか。わきがと足のニオイに付いてご紹介します。

わきがだと足も臭くなるのか

わきがの人は足もニオイがするという噂がありますが、本当にそうなんでしょうか。わきがと足の臭い自体は、厳密に言うと同じ原因で起こる訳ではありません。わきがは、アポクリン汗腺という所からでるベトベトした汗に雑菌が接触する事によって起こるニオイです。

足の臭いは、エクリン汗腺からでる汗が密閉された高温の靴の中で雑菌が増える事により起こるものなのでわきがとはちょっと違います。わきがの人は、多汗症の事が多いので汗をかきやすい状態です。

つまり、足の裏も汗をかきやすいのですが、靴は密閉状態で体より温度が上がり雑菌が繁殖しやすいです。特に足の裏は、皮脂が溜まりやすいので雑菌が増えやすく臭くなりやすいと言う特徴があります。

これにより、わきがの人は足が臭くなる確率が高くなるのです。

わきがと足は汗腺が違う

わきがの汗腺は、アポクリン汗腺という汗腺です。わきがの人は、このアポクリン汗腺自体が普通の人よりも多い事が臭いの原因なんです。アポクリン汗腺から出る汗は、普通の汗腺から出る汗より大量でベトベトしていて臭いです。

その汗が雑菌などに触れることでさらに強烈な臭いになります。足の汗は、通常の汗腺とエクリン汗腺という所から出た汗になります。どちらかというと、アポクリン汗腺から出た汗の方がその他の所より臭いのです。

足は、通常の汗が温度や乾燥しないことから雑菌が繁殖して臭う状態です。手の平は、足の裏と同じ位汗をかきやすいのですが、冬場でない限り手袋はしません。

しかし足は、サンダルなどを履かない限り靴下や靴で覆われていて温度が高くニオイの原因になっています。

わきがと足の臭いの関連と対策

わきがと足の臭いは直接的な関係は無いのですが、汗が関係して臭くなっているのは判りました。では、わきがも足の臭いもどうすればいいのでしょうか?暑い時期は特に汗をかかないというのは無理があります、しかし、汗をできるだけ予防することはできます。

足は靴下や靴で蒸れて臭くなるので、できるだけ汗をかかないような状況を作ります。サンダルを履くようにするとか、靴でも蒸れそうな時は脱いだりします。それでも臭うなら制汗剤を使います。

足用の制汗剤もあるので、そちらを使うと匂いも抑えられます。わきがも同じくわきが用の制汗腺がありますので上手に利用してください。