わきがは、臭いが強いだけではなく衣類に黄ばみも作ってしまいます。大切な衣類の黄ばみはどうやって落とすといいのでしょうか。

わきがと衣類の黄ばみ

わきがの人の場合、特にわきの下は黄ばみになることが多く白っぽい服などの場合は目立ちます。何でわきがだとこのような黄ばみができるかといえば、それは、アポクリン腺から出てくる汗に関係しているのです。

エクリン腺という汗腺から出る汗は、99%が水でその他は塩なので、黄ばみにはなりません。しかし、アポクリン腺から出る汗は脂肪や鉄分、アンモニアなどが含まれているため衣類などが黄ばむのです。

しかも、アポクリン腺はエクリン腺より汗腺の穴が大きいので量も多いです。アポクリン汗腺から出てきた時は白っぽくてベトベトしていますが、時間が経つことで臭いがして黄色くなります。

これが、わき部分の衣類に付いて落ちにくくなってしまうのです。

わきがによる黄ばみの落とし方

わきがの黄ばみは、脂肪やたんぱく質が含まれた汗が出る事によって起こります。つまり、黄ばみ自体は脂肪などの固まりなんです。この黄ばみを落とすには、洗濯洗剤や漂白剤、台所洗剤などを使って落とします。

なかなか普通に洗濯しても落ちないので、黄ばみの部分に乾いた状態で台所洗剤をつけます。歯ブラシなどで汚れをある程度落としても良いですが、荒っぽくすると衣類自体が傷んでしまいます。

その後に漂白剤を溶かした40度位のお湯に20分から30分漬けておくとほとんどの場合黄ばみが落ちます。その後は、普通に洗濯して下さい。どうしても、わきがの人は衣類に黄ばみが付きやすいので黄ばみにならないよう気を付けて下さい。

わきの黄ばみの予防法

夏の時期、わきがの人は臭いだけではなく黄ばみにも注意が必要です。できるだけ衣類に黄ばみを付けないようにしないと洗濯するのも大変です。わきがの黄ばみをできるだけ付けないようにする予防法にはわき専用のパットがあります。

わき部分にシールタイプのパッドを付けるもので使い捨てになっています。これなら取り替えるだけでわきがの臭い予防にもなりますしわきがの黄ばみも衣類に付きません。でも、毎日わきパットをつかうより、できるだけ普段着は黄ばみが目立たない服にすると良いです。

白っぽい服は黄ばみがどうしても目立ちますので、黒っぽい服を着るようにします。黒っぽい服ならわきがの黄ばみも目立たないのでわきパットも入りません。できれば、わきが自体を治療したりして黄ばみが起こらないようにした方が楽です。