わきがは、体内の環境に影響されます。体内の環境に影響するものには食べものがありますが、どんなものを食べるとわきがが軽減されるのでしょうか。

わきがを軽減する栄養素

わきがは、体内の環境と深い関わりがあります。簡単に言うと体内が臭いとわきがも当然臭くなってしまいます。つまり、体内の環境が良く臭いがしなければわきがの臭い自体軽減されるのです。

そのためには、体内の老廃物を食事でできるだけ外に出すことが大切です。体内の老廃物を出し、血流を良くすることで体内環境が良くなりますので、できるだけ野菜中心の食事を取って下さい。

栄養素としては、ビタミンAやC、Eなどを多く取ると良いです。ビタミン類は緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。根菜類を取ると食物繊維も多く便秘解消には欠かせませんので野菜中心の和食を食べるようにしてください。

和食でわきが臭を退治する

和食は、今最も世界で注目されている健康な食事です。欧米の食事は肉中心の食事でおいしいですが、わきがには向きません。肉食はわきがの臭いを強くしてしまうからです。

その点、和食は野菜や魚が中心のメニューでわきが臭を抑える事ができます。和食でも特に葉物の野菜や果物、緑黄色野菜をたくさん食べると臭いを体内から抑える事ができます。

体調も良くなり血流が良くなって健康的な体にもなりますので一石二鳥です。豆腐や納豆などの大豆製品も積極的に食べると更に臭いを抑えわきがを軽減することができます。

健康的な食生活で臭いの無い体づくりをやってみてください。

臭いの元を無くせばわきが臭く無くなる

わきがには和食が良いのですが、和食を食べるとなぜ臭いが軽減されるのでしょうか。人の体は結構デリケートに出来ています。ストレスが続いたり、睡眠不足になったり、お肉ばかり食べたり、野菜を食べないとすぐに老廃物が体に溜まります。

だいたい腸などに滞留便として溜まるのですが、滞留便が溜まりだすと体内の環境が一気に悪くなり体臭や汗が臭くなります。自分の体は開けてみる事ができませんがそんな時に腸の中を除くと真っ黒い滞留便がぎっしりということもあるのです。

この臭いの元さえ無くせばわきが臭は軽減されます。滞留便を無くすにはぐっすり睡眠を取り、ストレスを発散し、軽い運動をして野菜中心の食生活をします。

まずは、できる事から少しずつ始めるとわきが臭は少しずつ改善されていきます。臭いの元である老廃物が排出されれば後は体臭が少ない良い循環になりますので実践してみてください。