わきがの人は石鹸選びも大切です。良い石鹸を選ぶ事でわきがの症状が良くなりますがどんな石鹸を選べばいいのでしょうか。

わきがに良い石鹸のポイント

わきがの人は、お風呂に入った時、特に臭いが気になるわきの下などのアポクリン腺を良く洗う必要があります。たまにわきの下をもみ洗いするとニュルっとしたものがでるようなら、それがアポクリン腺から出る臭い分泌物です。

これがわきがの原因になりますが、石鹸で綺麗に洗っておくことが毎日のお手入れでは大切です。石鹸は、まずは洗浄力が良い事、制汗作用がある事、殺菌作用があることがポイントになります。

洗浄力は石鹸の要です、アポクリン腺からは脂肪や尿素、アンモニアや鉄分などの汚れが出てきて臭います。これらを綺麗に落とすことができ、雑菌を殺菌する作用があり、汗を抑えることができる石鹸なら申し分ないです。

最近、よく売れている石鹸に消臭効果が高い柿渋石鹸がありますが、消臭効果が高い石鹸もおすすめです。

殺菌作用がある石鹸とわきが

わきがは、アポクリン腺から汗が出るだけでは臭くありません。その汗を雑菌が分解することで強烈な臭いがします。その雑菌を石鹸で殺菌すればわきがの臭いが発生しないという事になります。

雑菌はしぶといので時間が経てば増えますが、石鹸で殺菌することである程度増殖を抑えられます。殺菌作用がある石鹸はわきがの人には効果的と言えるのです。

ただし、肌が弱い方には殺菌作用の強い石鹸は刺激が強すぎることがあります。そういう場合は、わきや陰部など、アポクリン腺があるところだけ殺菌作用の強い石鹸を使います。

わきがの人は石鹸の使い方に気をつける

わきがの人は、お風呂に入った時石鹸を使うと思いますが使い方を誤るとせっかくの石鹸の意味が無くなります。まず、わきがの原因であるアポクリン腺は特定の場所にあります。主に臭いがしやすいわきの下や乳輪、陰部、肛門にアポクリン腺があります。

せっかく、制汗作用があったり、殺菌作用があってもわきの下や陰部などを洗う時に使わないと何にもなりません。一般的な石鹸やボディーソープを使ってからピンポイントでわきが専用の石鹸を使うと効果的です。

また、わきの下などはアポクリン腺の分泌が活発で汗が溜まって固まっていることもあります。石鹸で洗う前にもみ洗いをすると出てくることがありますのでやってみてください。

また、患部を石鹸で洗う時は、ビニール系のボディータオルではなく手でもみ洗いした方が汚れが出やすいので試してみてください。