わきがの臭いを強い香水でどうにかできないかと考えている方は意外と多いです。はたして香水でわきがの臭いを抑えることは可能なのでしょうか。

わきがと香水

日本ではわきがというとごく少数の人がなる病気としてとらえられています。しかし、黒人の場合はほぼ全員がわきがだと言われています。

そんな外国ではわきがの臭いを香水などでごまかすというのが一般的です。しかし、日本では悪臭を香水などでごまかすというのはあまりよく思われないことが多いです。

実際、加齢臭などの臭いをトニックなどでごまかしている中年男性がいらっしゃいます。タバコの臭いや汗の臭いと混じってとんでもない臭いになっていることもあるのです。

この方の場合、わきがではないのですが、それでもすごい臭いがする場合があります。これがわきがになると香水の臭いによっては凄まじく臭いこともあります。

日本製の香水はそこまで臭いが強いものもないのでわきがの人は付けない方が無難です。

わきがと外国製の香水

わきがの人の中には外国製の香水を使っている人もいます。外国製の香水は、日本製の香水よりも香りが強く、わきがの本場だけあってわきがを緩和させるような臭いのものもあります。

しかし、どちらかというと香水自体が臭いが強いので本人は良い臭いだと思っていても周りはそうでないことが多いです。

特にエレベーターや狭い部屋などで香水のキツイ臭いがするとそれだけで気分が悪くなる人さえいるのです。わきがの臭いをごまかすために付けるのでかなり多めに香水を付ける人もいます。

そうなるとかえって迷惑になることもありますので気を付けて下さい。基本的に日本では、わきがの臭いを香水でごまかすより、わきがの臭い自体を抑える方法をされている人が多いです。

わきがは香水を付けた方が良いのか

わきがの臭いは独特です、人によって臭いはかなり違いますが、刺激臭だったり悪臭がしてすぐに判ります。そんなわきがの臭いがしている時に香水を付けるのはあまり良くないというのが一般的です。

実際、わきがの人では、香水を使うよりもデオドラントクリームを使っている人の方が多いようです。デオドラントクリームは、わきがの臭い自体を抑えてくれます。しかし、わきがが重度の場合は、あまりデオドラントクリームを塗っても効かないことがあります。

そのような状態で香水を付けたりすると、悪臭と香水の臭いが混ざってもの凄い臭いになることが多いです。まずは、わきがの場合臭いの元の汗をふくことが大切です。

できればデオドラントクリーム等を付け香水は付けない方が良いです。自分だけではなく家族などに香水を付けた時の感想を聞いてみるのも良いです。