わきがの人の中には、「汗をかくから水を控えている」という人がいます。ですが、水を飲まずにいるのは逆効果でかえってわきがの臭いを強めてしまいます。

水分と汗とわきが

わきがの人は、汗をかくから臭いがするので水分を取らないという極端な事をされている場合もあります。確かに、水分を控えると汗が出ないようなイメージがありますが、尿の量が減る位で汗にはあまり関係ありません。

わきがの汗は精神的なものに左右される汗なので、暑いとか運動してでる汗とはちょっと違うのです。わきがの汗はアポクリン腺というところから出ます、運動や暑い時などの体温調整の汗はエクリン腺から出ます。

出る所も違うので水分を控えても緊張したりしたらアポクリン腺から汗がでるのです。しかも、水分を控えると血液の濃度が濃くなりドロドロになりやすくなります。そうなると汗も濃くなりますからわきがの臭いが強くなることさえあります。

そうならない為には適度な水分が必要です。汗をかく前にデオドラントクリームなどで臭いを抑えておくといいので気にしなくて良いのです。

水分を控えるとかえって悪い

水分を控えているわきがの人は、かえって悪いということを理解しておかなければなりません。水分は、少々取り過ぎても尿として排出されますので心配いりません。しかし、水分が足りない状態だと脱水症状になり命の危険さえあるのです。

特にわきがが気になるような暑い時期に水分を控えるのは命取りになりかねません。健康あってのわきが予防ですので水分は多めに取るようにしてください。

わきがの人はとにかく汗をかかないようにと気を付けますが、汗も肌を弱酸性に保つので悪い事ばかりではありません。肌が弱酸性だとわきがの元の雑菌の繁殖を制限することができるのです。

体温調節のためにも必要なので水分制限以外のわきが対策をするようにしてください。

水分を取ることでわきが予防になる

人の体は、水分を取ることで生命を維持しています。水さえあれば何も食べなくても1ヶ月は生きていられると言われている位です。水分を取ることは、汗を出してわきがを悪化させるのではなく、かえってわきが予防の一つになることもあります。

なぜなら、水分を取ると利尿作用が高まるからです。尿はただ単に水分を体外に排出しているだけではなく、体に不要な毒素や老廃物を排出しています。特に血液中の不要なものが水分と一緒に尿として排出され血流が良くなります。

血流が良くなると汗の中に含まれる老廃物も減るのでわきがの臭いも抑えられるのです。水分を取ってわきが予防をすることは健康の源でもあります。